★★★★★★ リコ先生のコスメシューティカル:スキンケア:にきび:アダルトニキビ:大人ニキビ ★★★★★★
HOME ヴィセラの願い まずは水分保持 トライアルセット ヴィセラのこだわり

薬剤師 山口理子
改善方法で選ぶ
スキンケアで改善する
サプリメントで改善(準備中)
漢方薬で改善する

ニキビに影響するアレコレ
ストレスとニキビ(準備中)
生理とニキビ
食事とニキビ(準備中)
季節とニキビ(春編)
季節とニキビ(秋編)
2月のスキンケア

ニキビは一人ひとりで原因が異なるトラブル。だからたくさんの質問が私のところに届きます。
特に多いご質問をご紹介しています。

>>本文はこちら

トラブルを治すには、まず敵を知ることが大切!ここではニキビのメカニズムを分かり易く説明していきます。

>>本文はこちら


漢方薬で改善する!!

一番目立つ顔に症状が出るので、一度出始めると大きなストレスとなるニキビ。

ニキビの原因を考え、自分に合った漢方薬を選ぶことで、きれいな皮膚を取り戻すことができます。

一人一人で原因の異なるニキビは、漢方薬がもっとも適した治療法とも言えます。


●中医学とニキビ
中医学では、体内で発生した余分な「熱」が皮膚に影響を与え、そこに外界の熱(風熱)の刺激が加わると、にきびができると考えます。

また体の内部のバランスが崩れ、血熱・湿熱・痰湿などの病邪が体表部を犯すことでニキビが発生します。

そのため、体内のどこに熱がこもっているかを見極め、その熱を取り除いたり、余分な熱が発生しないように体のバランスを整えるといった治療が必要です。

にきびの色や炎症の度合い・できやすい部位などから、熱の程度と、どの機能に問題があるかという点を判断し、それに見合った漢方薬を服用します。


≪その1≫ 肝鬱化火型
イライラした時、特に女性の場合は生理前などに悪くなる。
できはじめはそうでもないが、だんだん赤味・熱感がでてくる。
大きさは様々だが、先端に膿をもっている。ニキビの後が赤紫色になって残る。


≪その2≫ 肝胆湿熱型
顔の下半分にできることが多く、皮膚が大きく盛り上がる。皮膚が油っぽい。
蒸し暑い季節(梅雨から夏)になると悪化する。
油の多い料理や、甘い物の食べすぎ、酒の飲みすぎで悪くなる。
女性の場合は、黄色のおりものがある。


≪その3≫ 熱風型
額・眉間・頬に多くできるニキビで、赤味・熱感だけでなく、痒み・痛みがある。
大半の人が、思春期に経験する「青春のシンボル」的なニキビです。
主にホルモンのバランスが崩れて発生し、ストレスや食べ物などには関係なくできます。


≪その4≫
 脾肺気虚型
比較的色の薄いニキビで、場所は移動しません。
無理をして疲れるとニキビが悪化したり、ちょっと油の多いものなどを食べると悪化します。ニキビの元になる食べ物は一切食べなくても治らない場合が多くみられます。
色自体が薄いため女性はお化粧で充分隠せるのですが、化粧ののりも悪く、肌が滑らかに見えません。


≪その5≫ 気血両虚型
赤身はないか、ごく薄い、褐色に見えるものもある。大きさもあまり変わらず、熱感は
ない。疲れると肌がカサカサになりやすく、ニキビも悪化する。
ニキビの痕に、赤紫色の沈着色素が残りやすい。
女性の場合、生理後半から終わった後体調が悪く、ニキビも悪化する。



一人ひとりのオーダーメイド薬である漢方薬は、詳しい問診が必要となります。まずは問診表にお答え下さい。
  問診表で相談する
お電話でのご相談も受け付けております。 092-852-4177
店舗のご案内>>
Copyright(C) 2004, VISERA, Inc. All Rights Reserved.