くすり屋さんが教えるスキンケア:しみ、くすみのメカニズム
すっぴん倶楽部 ヴィセラの願い ヴィセラのこだわり トライアルセット ホームへ

薬剤師 山口理子
ブログ 【すっぴん大作戦】

ピカピカ女性の健康マガジン
≪リコ先生のすっぴんクリニック≫
メールアドレスを入力してください
メルマガ詳細情報
バックナンバーはここです

↓↓毛穴のトラブル解決は↓↓
毛穴トラブルの原因と対策
トラブル改善コスメ&サプリセット
毛穴のトラブルのご相談はこちら

定期購入コース開始!!
素肌の定期便
お得なセット内容
単品商品一覧

プラセンタ「プラセントップ」
ニキビに効くお茶 連銭草
活水&塩素除去シャワー
燕の巣のコラーゲン「翔美燕」
正官庄紅蔘
コスメシーティカルサプリ一覧

初めての方へ
トピックス&ニュース
コスメシューティカルとは?
買い物の仕方
特定商取引法の表記
各種お問い合わせ

下記の決済をご利用頂けます

お支払い方法の詳細
送料・配送について


毛穴の開きと、くろずみの原因(角栓の原因)

「あれ?私のほっぺってよくみると、小さな穴がたくさん開いてる..。みかんの皮みたい・・・」

夏に増える毛穴トラブル。鼻の頭の黒いブツブツの次にご相談の多いのが、「毛穴の開き」なんです。対策もわからず、毎日、鏡の前でため息をついていませんか?
 
毎日の生活の見直しやスキンケアの見直し、サプリメントの利用で改善していくトラブルですので、しっかり、あなたの原因を突き止めましょう。

まず、開いた毛穴の状態を詳しく見てみましょう。開いた毛穴を拡大してみると、すり鉢のような形になっています。

しかも毛穴のまわりの肌は乾きやすく、ゴワついています。そこに表情の動きが加わると、毛穴と毛穴が横につながって、シワのように見えることも....。

原因は、いったい何なのでしょうか?大きく3つ考えられます。

〔1〕皮脂の過剰な分泌
〔2〕乾燥(水分不足)による角質層の異常
〔3〕老化による肌の弾力、ハリの低下(たるみ) 

さらに詳しく原因を探してみましょう。 

〔1〕皮脂の過剰な分泌
●気温の高さ
気温の高い季節やお昼間は、皮膚の温度も上がり、皮脂分泌が活発になっています。この時期は、特に毛穴の開きで悩む方が増えます。

[対処法]
季節が変わると、落ち着いてきます。余分な油分をお肌に与えないこと、必要な皮脂を取り過ぎないようにしましょう。また、こまめに水パックをし、お肌に水分を与えつつ、冷却効果で毛穴を引き締めましょう。
    
水分を含み、柔らかくなったお肌は、化粧水に含まれるお肌に必要な成分をしっかり浸透することが出来ます。お肌に負担をかけず、収斂効果のある化粧水で、お肌を整えましょう。
     
●食生活
脂っこい食事、コッテリとした肉料理、ファーストフードやコンビニ弁当、お菓子やジュース....。そんな食生活に心当たりがありませんか。

食生活と肌には密接な関係があります。このような食生活が続くと、当然、体内血液中に溢れた脂肪や糖質が皮脂腺を刺激し、皮脂の量が増え、毛穴が押し広げられ開いてしまいます。

皮脂は中性脂肪で構成されているので、酸素に触れたり、紫外線にあたると、過酸化脂質という物質に変化します。この過酸化脂質が細胞を阻害して、開いた毛穴は元に戻りにくくなるのです。

実際、高カロリーな食事をした翌日と、低カロリーな食事をした翌日の皮脂量は、高カロリーな食事をした翌日の方が1.5倍も多かったというデータもあるそうです。

[対処法]
できるだけ和食中心にしましょう。脂っぽい食べ物ばかりでなく、野菜をしっかり食べましょう。ビタミン類の多い食べ物(緑黄色野菜、根菜、レバー、納豆、魚、フルーツ等)もオススメです。脂物を食べる時は、あぶらを体の外に出すサプリメントやお茶を服用することもオススメです。

脂を体の外に出すサプリメント
コエンザイムQ10、L−カルニチン、αーリポ酸、 共役リノール酸、ビタミンB群、カプサイシンなど(※共役リノール酸がイチオシです!!)

脂を体の外に出すお茶
カキドオシ(生薬名 連銭草)詳しくは >>ここをご覧下さい。

●ホルモンのバランスが不安定になる
女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。皮膚に対しての作用としては、黄体ホルモンは皮脂の分泌を促進させ、角質が肥厚しメラニン色素が形成されやすい傾向になります。

一方、卵胞ホルモンは皮脂分泌を抑制するため肌は乾燥傾向となります。排卵後(生理予定日の約2週間前)は、黄体ホルモンが優位になりますので、この時期、毛穴の開きが気になることもあります。

また、ホルモンバランスは、生活や食事内容、ストレスなどによっても、バランスを崩すことがあります。

[対処法]
生理不順や生理痛などの症状をお持ちの場合は、このホルモンバランスが不安定になっています。サプリメントや漢方薬などを積極的に利用して、体の内側からのスキンケアを早めにはじめましょう。

症状によって、対処法が変わりますので、お気軽にご相談くださいね。

●過度のストレス
人間の体はストレスを感じると、このストレスに対抗するために抗ストレスホルモンであるコルチゾールを分泌します。このコルチゾールが増えると、副産物として男性ホルモンの量が増えるという現象が起こります。

男性ホルモンの分泌が活発になると、皮脂腺の働きも活発になって、皮脂を大量に分泌してしまいます。

[対処法]
体の内側からのスキンケアが必要です。抗ストレス作用のあるサプリメントを利用しましょう。その他の症状(眠れない、疲れが取れない、胃腸の調子が悪いなど)もある場合は、早めにご相談ください。

抗ストレス作用のあるサプリメント
ビタミンB群、ビタミンC、テアニン、ギャバ、セントジョーンズワート、プラセンタ、亜鉛、高麗人参など※症状により必要なものを選びましょう。
      
この時期に気になる毛穴の開きの一番の原因である「皮脂分泌量」。上手にコントロールして、毛穴のトラブルを最小限に抑えましょう!

毛穴の開き〜お肌がみかんの皮みたい<後編>。

夏に増える毛穴トラブル『毛穴の開き』。今回は、後編です。まずは、少しだけおさらいをしましょう。   

毛穴が開く3つの原因
〔1〕皮脂の過剰な分泌
〔2〕乾燥(水分不足)による角質層の異常
〔3〕老化による肌の弾力、ハリの低下(たるみ)
  
でしたよね。その中でも、この時期に気になる毛穴の開きの一番の原因である『皮脂の過剰な分泌』。
 
これには、●気温の高さ●食生活●ホルモンのバランスが不安定になる●過度のストレスなどが関係していました。 

今回のすっぴん講座は、残りの〔2〕、〔3〕について話ししていきます。〔2〕と〔3〕の原因は、毎日のスキンケアが関係しているんです。あなたのスキンケアと見比べてみて下さいね^^。

〔2〕乾燥(水分不足)による角質層の異常
  
●洗顔法
汚れを落とすため、ごしごし洗顔していませんか?1日に何度も洗顔料を使った洗顔をしていませんか?
   
実は、スキンケアの基本とも言える『洗顔』。毛穴トラブルにもとっても関係があるんです!!

**見直しポイント**

1.強く洗っても汚れは落ちていません。
強く洗うと、その圧力で毛穴が一緒に動いてしまうため、汚れはほとんど落ちません。もともと毛穴は、脂溶性のものを吸収しやすいという性質があります。ですので、不要な皮脂などが毛穴の中に残ってしまい、毛穴を広げ、いつしか、黒くなる原因に...。

2.洗いすぎは、かえって皮脂を分泌させてしまいます。
何度も洗顔料を使用する洗顔法。これは、かえって、皮脂の分泌を活発にしてしまいます。この環境にお肌が慣れてくると、肌の潤いを水分ではなく、皮脂だけで補おうとしてしまい、オイリー肌という状態に....。水分が足りていないお肌は、新陳代謝のサイクルも乱れ、お肌に古い角質が残ってしまいます。

3.擦りすぎは、お肌の新陳代謝サイクルを乱します。
お肌を擦ることは、0.02mmの角質層を傷つけてしまいます。この角質層は、スキンバリアとも呼ばれるとても大切な働きをしている部分です。傷つくと、水分を保持することやその他にさまざまな障害が生じます。新陳代謝で垢となってはがれていく部分でもあり、新陳代謝サイクルにも大きな影響を及ぼしてしまいます。   

≪リコ先生からアドバイス!!≫ 
洗顔料を細かくあわ立て、泡で洗う優しい洗顔にすること。
    
洗顔料を使った洗顔は、1日1回、夜だけにすること。朝もベタベタする場合は、あわ立てた洗顔料をお顔にのせるだけ。
    
お昼間に、ベタベタする場合は、浄水やミネラルウォーターに湿らせたコットンを軽く抑えましょう。あぶらとり紙は厳禁!!
   
ファンデーション、日焼け止めを使用中の場合は、毎日、クレンジングすること。毛穴の中は、脂溶性のものを吸収しやすいので、ファンデーションと同じ油性であるオイルでクレンジングすること。
    
オイルの成分も要チェック! 
      
●肌の老化を促すスキンケア    
1.オイル添加の化粧品でお肌に負担をかけるのはやめましょう。 
乳液、クリーム、ファンデーションなどのオイル添加化粧品の使用は、毛穴に汚れを残してしまいます。皮脂は、私たちが食事で摂取するコレステロールが材料になっています。

今の私たちが口にするものは、コレステロール過多の状態。ですので、わざわざ、外側からのスキンケアで油分を与える必要はありません。外側からも、皮脂が過多の状態では、毛穴も開くはず。    

2.お肌に負担のかかる界面活性剤も選びましょう。
乳液やクリームを作るときに必要となる界面活性剤も、お肌に刺激も与えています。植物由来の界面活性剤もありますので、「乳液、クリームをどうしても使いたい!」という場合は、使用されている界面活性剤が化学物質でない商品に変えましょう。    
    
≪リコ先生からアドバイス≫
まずは、乳液やクリームを見直すこと。スキンケアは、まずは、無添加であること。無添加だから何でもいいというわけでなく、ノンオイルでお肌の機能をサポートできるスキンケアを選んでください。

ヴィセラをはじめ、いろいろなメーカーさんの商品があると思います。是非、『あなただけ』の『あなたのため』のスキンケアを選びなおしましょう。
     
●体の中の原因
エアコンや気温の高さといった環境からくる乾燥もありますが、眠れない、疲れが取れない、何もしたくない....など、肌を潤す要素である「血」「津液」が不足している場合もあります。体調の悪さと乾燥が重なっている場合は、是非、ご相談ください。

〔3〕コラーゲン不足

紫外線の影響や今までのスキンケアが関係しています。乳液、クリーム、ファンデーションなどのオイル添加化粧品の使用、表示指定成分の入った化粧品の使用は、お肌の老化の原因。

この結果、弾力繊維や表情筋が衰え、顔がたるみ、自ずと毛穴が下に伸びてしまいます。最終的に毛穴が開くというわけですす。
   
≪リコ先生からのアドバイス≫ 
お肌の紫外線対策を見直すこと。また、スキンケアの見直しも大切です。まずは、無添加であること。無添加だから何でもいいというわけでなく、ノンオイルでお肌の機能をサポートできるスキンケアを選ぶこと。

ヴィセラをはじめ、いろいろなメーカーさんの商品があると思います。是非、『あなただけ』の『あなたのため』のスキンケアを選びなおしましょう。

同時にサプリメントの摂取は、早い解決に結びつきます。たるみの一番の原因であるコラーゲン。これは、お肌の外側から補給しても、保湿するだけの効果しかありません。真皮層に必要なコラーゲン。体の中から補給することが確かな方法です。

毛穴の開きは、毎日の生活の見直しやスキンケアの見直し、サプリメントの利用で改善していくトラブルですので、しっかり、あなたの原因を突き止めましょう。いつでもご相談下さいね^^。

リコ先生オススメ
毛穴の開きスキンケア
水分補給 ローション ポイントクリアエッセンス

Copyright(C) 2004, VISERA, Inc. All Rights Reserved.