すっぴん派の為のスキンケア講座
すっぴん倶楽部 ヴィセラの願い ヴィセラのこだわり トライアルセット ホームへ
リコ先生のスキンケア講座
スキンケア講座バックナンバー

〜日焼け止め(サンスクリーン剤)の選び〜

   海や山、ドライブ、アウトドアなどなど...

        お出かけする機会も増えるゴールデンウィーク。

   
   一番の肌対策は、なんといっても「紫外線」ですよね♪

   すっぴんクリニックでは、日常生活での日焼け止め(サンス
   クリーン剤)の使用はオススメしていません。

   

     これは、お肌への

       日焼け止めによる負担 >  紫外線の負担

                           ため。

     でも、お肌への

       日焼け止めによる負担 <  紫外線の負担

    
     となってしまう場合は、日焼け止め(サンスクリーン剤)
     を使用しなければなりません。
   
   
   おでかけの種類や場所によっては、日焼け止め(サンスクリ
   ーン剤)を上手に利用しましょうね♪
 
  


  そこで、今回のすっぴん講座は、

     『 日焼け止め(サンスクリーン剤)の選び方 』

                  についてお話します^^。

   まず、紫外線。

   あなたも知っての通り、

         シミやシワ、肌老化など

               お肌に様々なトラブルを招きます。     


      
   1年の中で、最も紫外線が強い5月〜8月。


   毎日の生活やおでかけの時は、


    ○長時間、直射日光に当たらない。
   
    ○紫外線の強い、正午前後2時間の外出は避ける。
   
    ○外出時は帽子、長袖シャツ、長ズボン、日傘等などの
     小物使いで紫外線をカットする。
    
    ○サングラスは、UVカット効果のあるものを選ぶ。
    
    ○生活シーンと肌の状態に合わせて日焼け止め(サンス
     クリーン剤)の種類と使用法を選ぶ。
  

                    に注意しましょう♪


   では、早速、

   「生活シーン」と「肌の状態」に合わせた日焼け止め(サ
    ンスクリーン剤)の選び方をご紹介していきますね。


     ………………………………………………………
      日焼け止め(サンスクリーン剤)の選び方
     ………………………………………………………
   
   日焼け止めのパッケージには、

      「SPF○○」 とか 「PA○○」

              と表示してありますよね。

   
   これは、どの種類の紫外線にどれだけ防御できるかを表して
   います。

   紫外線にはA波とB波があって、SPFはB波に対して、ど
   れだけ防御できるかという指標。「数値」で表されます。

   一方、PAは、A波に対する防御能の指標。「+」で表され
   ます。


    ○B波

      主に表皮にダメージを与えて、シミを作ったり、皮膚
      をあれさせたりする紫外線。

      激しい日焼けの後などにできる水ぶくれはB波の仕業
      です。


    ○A波

      皮膚の深いところまで浸透し、じわじわと皮膚にダメ
      ージを与える紫外線。

      真皮にあるコーラゲンの鎖を切って、深いシワを作っ
      てしまいます。


    

   選び方のポイントですが、

    SPFやPAが高ければ高いほどいいというわけではありません。

    
       SPFの高いもの = 吸収剤や散乱剤を多く含む

                |
                ↓ 

              肌への負担大 

                
                     ということが考えられます。


    

    ですので、おでかけの種類や場所によって、選ばなくては
    いけません。


    

    使用する時の目安は、

      ○日常生活・・・・SPF15くらいで、PA+。
      
      ○軽い野外運動やドライブ・・・SPF15〜30で、PA++。
      
      ○海水浴や晴天下のスポーツ・・・SPF30で、PA+++。
      
      ○熱帯地方での野外活動・・・・SPF50で、PA+++。


    お肌が敏感な方の中には、1日使うだけでもかぶれてしま
    うという方もいらっしゃいます。


    そんな時は、 SPF20くらいのものを少し厚くぬり、
    こまめにつけましょう。

    また、日焼け止めだけに頼らず、

    「日傘」、「つば広帽子」、「サングラス」などの小物

                    をプラスしましょうね♪

   最初にお話ししたように、紫外線に対して過敏な方以外は、
   日常生活での日焼け止めの使用を、おすすめしていません。


    日常生活紫外線は、

         1年を通して、『SPF15』

                     で十分....。

   SPF15でしたら、わざわざ日焼け止めを使用する必要は
   ありませんよね。

     日焼け止めによる負担 >  紫外線の負担


   ですので、肌トラブルや肌老化の原因になってしまいます。


   
   紫外線対策は、守ることが重要視されていますが、そのあと 
   のスキンケアも同じくらい大切なんです!!


   お肌に負担をかけずに紫外線からお肌を守り、お肌の炎症を
   鎮め、傷ついたお肌をサポートするスキンケアをしていきま
   しょうね♪  

        植物成分が紫外線からお肌を守り、お肌を修復していきます。
実力派の美白美容液セット!紫外線からお肌を守りながら、水分と栄養補給もバッチリ!

VIエッセンス


VIポイントクリアエッセンス
ユキノシタエキス、ソウハクヒエキスなど美白効果に優れた植物エキス中心のエッセンス。生活紫外線からお肌を守るSPF15程度のカット力を持っています。
プラセンタは、お肌のための栄養として優れているだけでなく、体内にあるタンパク質と結合することで、紫外線をカットする優れもの。「ビタミンC誘導体」、「高麗人参」など美肌の成分も配合されたポイントクリアエッセンス。
エッセンス・PCE セット
税込価格:10,500円
メンバー価格:9,450円 (10%OFF)



   そうそう、日焼け止めは、毛穴に入り込みやすい(落ちにく
   い)という性質があります。

      使用した後は、必ず、

         「クレンジング」と「洗顔」

                    を忘れずにね☆


肌トラブルでお悩みのあなた!一人で悩まず、今すぐ連絡してください(^^)!

リコ先生のすっぴん相談室
メールで相談 問診表で相談 掲示板で相談
ご相談内容はスキンケア、角栓、にきび、アダルトニキビ、大人にきび、毛穴の開き、くすみ、シミ、肌のたるみなど、お肌の悩みから、体調不良の悩みもお受け致します。
ひとりで悩まず、まずはご相談から。お電話でのご相談も受け付けております。
092-852-4177
Copyright(C) 2004, VISERA, Inc. All Rights Reserved.